冬の沖縄ってどれくらい寒いの?服装は?

沖縄の冬について知ろう!

沖縄では1月中旬あたりから桜のつぼみが確認できるほど、国内では最も早く春が訪れる場所として知られています。そのため、沖縄は冬でも夏と同様、気温が暖かく過ごしやすいと思っている人もいるかもしれません。本州では冬になると雪が降ったり、気温が1桁になったりする日もあり、本州で暮らす人は冬になると、寒さで苦労する人も出てくるでしょう。一方、沖縄では本州ほどではないものの、冬になれば寒さを感じやすくなります。

なお、沖縄の1月の平均気温は約17度ですが、気温は低いときには15度いなかいこともあります。さらに、北風が吹く日が続くこともあるため、そういった日には実際の気温よりも寒く感じるでしょう。北風が吹いていない日であれば、日光の暖かさを感じやすくなり、冬でも比較的過ごしやすくなります。

冬はどんな格好がいいのか?

沖縄を冬に訪れる場合、北風の有無により服装を変える必要があります。北風が吹いている日の場合、中には長袖シャツを、外は薄手のアウターを身につけ、下は長ズボンを履くのがよいでしょう。靴については、サンダルでは足元を冷やしやすくなるため、スニーカーやブーツを履くようにし、防寒対策をしっかりすることがポイントです。 また、北風がない日は、冬だからと必要以上に着込んでしまうと、かえって暑くなってしまいます。北風がないことが確認できたなら、暑くなってもいいよう、着替えをしやすいアウターを身につけるようにしましょう。中は長袖シャツよりも半袖シャツを着ていたほうが、アウターを着ている際でも快適に過ごすことができます。下は長ズボンでも問題ないですが、暑がりな人は薄手のものでも大丈夫です。